最新ニュース

 

会員各位

 来春刊行予定の紀要に下記のような目録の掲載を考えております。先生が大学を退官された時、先生が逝去され偲ぶ会が開かれた時にも目録は作成されましたが、それは謂わば代表作であり、先生にはこまごまとした、先生のお人柄を彷彿とさせる小文佳作が少なくないのではないか、こうした考えで目録を作成しました。遺漏誤記があるかと思います。

 すこしでもよいものを作成したいと思い、皆さまのご協力をお願い申し上げます。

                                    大塚秀明

                                20191020

                  記

中山時子先生編著書・監修書目

19565月『生活与会話』書籍文物流通会【共著】

19603月『標準中国語』書籍文物流通会【共著】

19689月「春久さんの思い出」『天壇碧瓦():石本春久追悼集』私家版

19693月(中山登起子)「中国料理の解説とマナーについて」『家庭科学』第53

19708月『中国食品事典』書籍文物流通会【共編】

19729『中国食経叢書』書籍文物流通会【共編】

1972-73『中国名菜譜』5巻 柴田書店【監

19758『随園食単』柴田書店【監訳】

19763『友情与橋梁』中国生活文化研究会【共著】

1977[3]「近況報告」『有瞳』Ⅳ(お茶の水女子大学中国文学科)○【○は入力済み】

19777月「中国の『麺』」『そうめん』第二集 三輪そうめん山本○

19782「『満漢全席』に思う」『3(2)(19)

19784月「シルクロード「食べ乗り」に思う」『月刊専門料理』第13巻第4

197811「有朋自遠方来、不亦楽乎」『家庭科28(323/324/325)

19781月「序にかえて:この人をして」『中国名菜ものがたり』鎌倉書房【序文】

19799月『点心』柴田書店【共著】

197910月『私のシルクロード』 柴田書店

198110月「医食同源のルーツ」『華味三昧』講談社

1981年「老舎の少年時代」『老舎小説全集月報』【翻訳】

19821月『随園食単』柴田書店【監訳】 

19821月「粥に惟う」『粥譜:中国がゆの本』柴田書店

19822月『趙子曰・ドクター文』学習研究社【翻訳】

19824月「宗教と料理」『週刊朝日百科世界の食べもの』中国9

19825月「清代の料理」『週刊朝日百科世界の食べもの』中国13【編訳】

19825月「清朝の宮廷料理」『週刊朝日百科世界の食べもの』中国13【編訳】

19825月「満漢席」『週刊朝日百科世界の食べもの』中国13

19829『養小録』柴田書店【監訳

1982年『中国語発音字典』すずき出版【共編】「はじめに」→2001

198312月「中国における宗教と料理」『食生活文化』第4

19849月『速修中国語』中国生活文化研究会

1985786年『中国の食文化』全5巻 岩波映画【監修】○

1985年-86年『中国料理大全』全5巻 小学館【監修】○

198510月「飲茶と点心」『中国料理大全』広東料理編 小学館

19861月「中国の食文化」新年号『財団法人日本科学映画協会会報』№13

198610月「水先生のご偉業をおもう」桜美林大学『中国文学論叢』第12

198612月『中国文化基礎知識』東方書店【監修】

19871月「沿革と継承」中国料理研究会『中国料理研究会々報』第10号○

19877月『「紅楼夢」詞語対照例釈』【監修】燎原書店

198712月『中国語で学ぶ中国故事成語東方書店【監修】

19883月『中国食文化事典』角川書店【監修】

19885月『中国を知る中国語』東方書店【監修】

19885月『新しい中国語語法』東方書店【監修】「あとがき」

198812月『老舎事典』大修館書店

19893月『中国の“鮮味”』日本うま味調味料協会

199011月『中国語離合詞500』東方書店【監修】「あとがき」

199012月『チェック・アップ中国語[入門編] 東方書店【監修】

19903月『駱駝祥子』叢文社【監修】「監修を終えて」

19911月『Talk Read』東方書店【監修】

19913月「監修を終えて」『駱駝祥子』白帝社【監修】

19925月『食と文学』フーディアム・コミュニケーション【共編】

19925月「中文版序言」《中国飲食文化》中国社会科学出版社

199211月チェック・アップ中国語[基礎編] 東方書店【監修】「はしがき」

199310月「発刊に寄せて」『悠久の北京』白帝社【監修】

19944月『チェック・アップ中国語[文型編] 東方書店【監修】「はしがき」

19945月「中国文化を読む279冊」『しにか』

19961月「中村先生ご夫妻のこと」『終而復始――中村璋八博士古稀記念文集』自家版

19973月「序」『中国語表現300例』東方書店【共著】

19974月『時間詞語・場所詞語・ムード詞語・その他』中国生活文化研修所【共編著】

19976月『新中国料理大全』5巻 小学館【監修】

199712月「老舎故居復原のこと」『文芸春秋』

19993月『中国語作文のための短文練習東方書店【共著】

199911月『老舎幽黙詩文集』叢文社【監修】「おわりに」 

20002月「中国に於ける食の匠」『季刊ヴェスタ』第37

20017月『中国語発音字典』新装版 東方書店【共編】「はじめに」

20027月「回想片片」『公孫樹人』創刊号

200210月『中国語で学ぶ中国文化基礎知識』改訂版 東方書店【監修】「はじめに」

200211月『回憶片片』中山先生の傘寿をお祝いする会

200211月『中国当代文学史』白帝社【監修】

20037月「中国文学にあらわれた食の風景」『中国食文化の歴史』バンダイビジュアル

20043月「日中両国人教師による同時指導の試み」『中国語教育』第2号【共著】

20049月「中国語との出会い」『ヌードルドットコム』19号【談話】

20049月「戦後の日本に中国料理の道を拓く」『ヌードルドットコム』19号【鼎談】

200412月「中国の歴史を映す宮廷料理と満漢全席」『ヌードルドットコム』20号同上

20058月「思い出を手繰り」『日中同文のかけはし欧陽可亮・張禄澤追悼文集』自家版

20059月「『老舎事典』再版によせて」『老舎年譜・著作年表補編』大修館書店

20067月『点心の知恵・点心のこころ』【共著】

200612月「中国語日本語注釈によせて」《正紅旗下》【監修】人民文学出版社

20076月「人はなぜ食を飾るのか」『OriOri』第7号【監修】

20078月「本書を推す」『大人も楽しい中国童話』小笠原玲子、文芸社○ 

20079月『生活与会話』新装版 東方書店【共編著】

20079月『友情与橋梁』新装版 東方書店【共編著】

20108月「噫、伊藤漱平先生」『公孫樹人』第10東京大学中国文学研究科 

20157月『標準中国語作文』新装版 東方書店【監修】

 

中山時子回想録、紅楼夢を語る

 

詳細不明

①旧北京市地図 中山時子 [製作] 中国生活文化研修所, [1989?] 原図: 最新北平全圖(中華印刷局, 民国17106) ; 78×54.5cm 付属資料: 解説「最新北平全図」について(高橋由利子[]1989.1)「中山先生を囲む会」の記念品として複製されたもの,袋入り。

19891月『旧北京市地図』中国生活文化研修所」という記載もある。

『中国料理用語1000語』中国料理研究会【吹込み】

③『“了”と“就”の用法と例句』中国生活文化研修所 [製作]


 

 

 通信冬号を発送・発信しました。(2017年2月1日)

 

通信秋号を発送・発信しました。(2016101日)

 

通信夏号を発送・発信しました。(2016年7月1日)

 

通信春号を発送・発信しました。(201641日)

 

6回年次大会が開催され、紀要第5号を発行しました。(201635日)

 

通信冬号を発送しました。(201611日)

 

通信秋号を発送しました。(2015101日)

 

通信夏号を発送しました。(201571日)

 

通信春号を発送しました。(201541日)

 

通信2月号を発送しました。(201521日)

 

通信1月号を発送しました。(201511日)

通信12月号を発送しました。(2014121日)
通信11月号を発送しました。(2014年11月2日)

楊逸氏の講演会が盛況裡に終了しました。(2014年10月19日)

 

先月までの通信既刊号をアップしました。(2014年109日)

 

通信10月号を発送しました。(2014108日)

 

通信9月号を発送しました。(201498日)

 

ホームページが新しくなりました。(2014年8月21日)

 

通信8月号を発送しました。(2014年8月11日)